Biblatexを最小限の努力で使う

はじめに

bibの使い方,いろいろありますよね?

奥が深すぎてよくわかりませんが,私が使用している最小限のbib環境の構築法を紹介します.

準備するファイル

まずふたつのファイルを適当に作成します.

  • sample.bib
  • sample.tex

.texファイル本体にbibitemとして記述するのは労力が大きいので私はしません.外部に.bibファイルを作ります.

bibファイルの準備

jsonみたいな記法で作成します.自分で書くのはめんどくさいのでGoogle先生が自動生成したものを使います.

Google Scholarで適当な論文を検索してください.

すると以下のように検索結果として表示されるので,ダブルクォーテーションマークをクリック.

ポップアップがでて,引用方法を聞かれる.下にあるBiBTeXをクリック.

すると,以下のようなコード?が記述された別ページに飛ぶ.

これをコピペし,sample.bibファイルに貼り付け.

sample.bib中身:

@article{daganzo2007urban,
  title={Urban gridlock: Macroscopic modeling and mitigation approaches},
  author={Daganzo, Carlos F},
  journal={Transportation Research Part B: Methodological},
  volume={41},
  number={1},
  pages={49--62},
  year={2007},
  publisher={Elsevier}
}


@article{whitehouse2019complex,
  title={Complex societies precede moralizing gods throughout world history},
  author={Whitehouse, Harvey and Fran{\c{c}}ois, Pieter and Savage, Patrick E and Currie, Thomas E and Feeney, Kevin C and Cioni, Enrico and Purcell, Rosalind and Ross, Robert M and Larson, Jennifer and Baines, John and others},
  journal={Nature},
  pages={1},
  year={2019},
  publisher={Nature Publishing Group}
}

複数ある場合(むしろないとマズいが)でも,ペタペタと下に貼り足せばよい.

texファイルの準備

必要最低限のコードを示します.普段はjsarticleuplatexのコンボで書いているのでそのまま記載.

sample.texファイル中身:



\documentclass[uplatex,12pt,a4paper,dvipdfmx]{jsarticle} %----------------------------- \usepackage[backend=biber,style=ieee]{biblatex} \bibliography{sample.bib} %----------------------------- \begin{document} \begin{itemize} \item 交通の分野で有名な論文\cite{daganzo2007urban} \item 最近話題のnature神論文\cite{whitehouse2019complex} \end{itemize} %参考文献リストを挿入したい箇所(大抵は一番最後)に記述---------------- \printbibliography \end{document}

破線%---で囲われているところが大事な個所.

  • biblatexというパッケージを使用します.オプションはbackend=biberとする.
  • styleオプションで引用スタイルを指定する.ieeenatureなど指定可能.
  • \bibliography{sample.bib}では,参照するbibファイルを相対パスで記述する.

  • 本文中では\cite{XXX}で参照.XXXの箇所は,sample.bibファイルの@article{ daganzo2007urban ここね!
  • 最後に\end{document}直前に\printbibliographyと記述.これにより参考文献リストが表示される.

コンパイル後出力されるpdfはこんな感じ.

Referenceではなく参考文献としたい場合は,\printbibliography[title=参考文献]とする.

完了.

おわりに

以上,最小限の環境構築でした.

bib関連は様々な方法が乱立していてわかりにくいと思っています.
おそらく歴史的経緯があるのでしょうが,新参者にはよくわかりません.

今回の方法も良いのか悪いのかわかりませんが,とりあえず動くものは提供できたかと思います.

余談:学振書かずにブログ書いてしまったorz

2